幸田真一建築設計事務所

幸田真一建築設計事務所

間口4メートルのサーフハウス

住宅密集地でも諦めない、開放的な住まい

東京都内の住宅密集地にある間口4メートルしか取れない細長い敷地。近隣の建物を超えた上のハイサイド開口から採光をとり、明るく開放的なLDKをつくりました。リビングはスキップフロアで緩やかに区切られハンモックが設置されたテラスへと連続します。ロフトは固定階段でアクセス出来るので、子供の隠れ家にもなっています。サーフ好きなご夫婦のお施主様のインテリアの演出でどこか海の匂いを感じさせる、都会の中のサーフハウスです。