幸田真一建築設計事務所

あなたの想いをカタチにするお手伝い 

幸田真一建築設計事務所

リビングで和を感じる家

和室を見るとほっとする。 視覚的にも和を楽しめるリビング

東京都青梅市ののどかな地域に建つ木造二階建ての住宅です。この家のコンセプトは「和を感じれる客間とそれを視覚的にも楽しめるリビング」。外観はそのコンセプトを構成する下屋部分と2階建て部分の左官塗りとの対比で構成されています。
玄関から奥へ進むと突然スケールの大きい勾配天井のリビングがあらわれます。そのリビングからは和の雰囲気でまとめた小上がり式の和室空間を常に楽しむことが出来ます。畳のい草の匂い、大谷石の壁タイル、タモ材の繊細さ、障子や和紙の柔らかさ。そんな和室を見てほっとする。また、お施主様の見事なフィギュアコレクションを飾るガラス棚もリビングには用意されています。生活をしながら自分たちの好きなものを常に見て感じて楽しめる家。リビングはそんなアイテム達を客観視できるような、包容する大きさが必要でした。