幸田真一建築設計事務所

幸田真一建築設計事務所

玄関土間のあるスキップフロア住宅

子供を中心に考えた、家族の顔が見える仕組み

元気な3人のお子さんが、LDKと連続した玄関土間から元気よく帰ってきて、キッチンのお母さんにただいまーと声をかける。キッチンの手前のスタディコーナーに腰掛けながら今日あった出来事をおやつを食べながら報告する、、、そんなシーンが目に浮かぶご家族の住宅です。
周囲の環境からなかなか開放的な設えが出来ない敷地条件の中、ストリップ階段を吹き抜けとして利用して上部からの柔らかな光を取り込みます。LDKは天井高さ2.7メートルを確保し、リビングゾーンはさらにスキップフロアの構成となっています。玄関土間が街との緩衝帯にもなって閉鎖的過ぎない心地よさが生まれています。子供部屋には平等NA大きさでロフトベット付きの個室が用意されています。